I/V, P/L, S/I

“気軽にできる貿易”をテーマに、
必要な書類・手続き、貿易用語などを紹介していきます。
今回はI/V (Invoice, 仕入書) とP/L (Packing List, 梱包明細書), S/I (Shipping Instructions, 船積指示書)です。

突然ですが、以前よりブログをご覧いただいている方は輸出手続きの記事でご紹介した、船積み準備に必要な書類が何種類あったか覚えておいででしょうか?

鋭い方はもうお気づきでしょうが、今回紹介するI/VとP/LとS/Iの3種類です。

輸出手続きの際、フォワーダーに通関や船積み業務を依頼する際にこの3つの書類は必要です。3つともそれぞれ記載事項は大まかに決まっていますが、書式は自由で、ネット上に様々なフォーマットが転がっています。各書類の記載内容をご紹介します。

I/V

まずI/V (インボイス)についてです。
I/Vは輸出通関時に輸出申告書と一緒に税関に提出しなければなりません。そして、関税法で「仕入書への記載事項」が定められています。
このI/Vを元に関税や商品代金を支払うので、もしI/Vに不備・間違いがあれば修正申告や更正申告が必要になります。

P/L

次にP/L (パッキングリスト)についてです。この書類は貨物の積み下ろしや、受け渡しをスムーズに行うことが主な目的です。梱包ごとのシッピングマークと書類への記載が貨物確認になりますので、正確な記載が求められます。荷物の数量が少ない場合、I/Vで兼用されることがあります。

S/I

最後にS/I (船積指示書)についてです。
これに従って通関業者は通関と船積みの手続きを進め、船荷証券(B/L)やWaybillに記載される情報のベースとなるので、I/V (インボイス)との整合性が求められます。記載を誤ると、L/C決済 (信用状取引) の場合、輸出者自身も商品代金を受け取ることができなくなるので、作成の際は十分に注意しましょう。上表記載事項の他、フォワーダー名や請求先を記載することもあります。

「輸入者と荷受人って一緒でいいんだよね」とか
「私の貨物と輸送は、その『上表記載事項の他』って該当することあるの?」
など実際に荷物を運ぶ際の疑問や
「え、実は記載する情報ってほとんど被ってない?なのに書類全部作んなきゃいけないの?」という方は、shippio.ioにお気軽にお問い合わせください。

ShippioではWEB上のフォームに入力するだけで、見積もりから実際の輸送までサポートさせて頂きます!


私たちShippioにお声掛けください。
お客様のご要望に全力でお応えするShippioのチームが開発するソフトウェアで快適な国際輸送を実現します。

[Reference]

JETRO 通関業者に輸出通関を依頼する際の必要書類:日本
七十七銀行 ハンドブック_201302改訂 輸出取引について
e-Gov 関税法
貿易ナビ

[Image]

Designed by Pressfoto / Freepik